引越しにかかる費用

引越しにかかる費用は、トラック代金・運搬要員代金・搬出量にかかる料金などで構成されています。ユニック使用などでオプションとなります。

引越しの見積もり料金を安くする方法を分析!

2社以上から合い見積もりを取る

基本中の基本技として、「合い見積もり」を取ることで引越し業者の価格競合をさせます。それだけで引越し料金が安くなります。

引越しの日取りは平日午後を選ぶ

休日を避け、荷物搬出帰りのトラックを利用することで、引越し料金を格安料金に変えることができます。

コンテナ引越し便の検討

遠方への引越しであれば、鉄道コンテナを利用した引越しも一案です。時間はかかりますが、陸送よりも安く済ませることができます。

自力搬出できるものと分けて見積もり

自分で運び出せるものと引越し業者に依頼するものを分けておくと搬出量が少なくなり引越し料金が安くなります。

「格安」過ぎる引越しに注意

格安でも、作業員がバイトだったり専用の車両で搬出作業がなされなかったりとお粗末な引越しは論外です。

荷物量にあったコースと割引制度の活用を

男性作業員

格安で引越し業者を利用したいのなら、自身が作業してほしい荷物の量にあったコースを提供してくれるところを選びましょう。とくに、少ない荷物量の場合は、単身コースや一人用コースがなければ高くなってしまいます。それらがなければ、小さなトラックと少人数のスタッフがきてくれるコースがないか確かめてみましょう。なお、引越し業者には、さまざまな割引制度が用意されているため、使わなければ損をしてしまいます。そのなかで、知らなければ料金が高くなってしまうは、インターネットから申し込まなければ利用できない割引制度です。電話で仕事の依頼をすると教えてはくれないので、いきなり連絡を取るのではなく、まずは公式ウェブサイトを見てみましょう。インターネット専用の割引制度があれば、トップページに記載されているため、すぐに利用方法を確認できます。ほかにも、高齢者向けや学生向けなど、割引制度はいろいろなので、調べてから申し込んで損をしないようしましょう。

見積もりがなければ比較できない

女性作業員

引越しを格安で頼める業者に、依頼をしたいのなら、まずは作業にかかる見積もりをもらいましょう。業者のホームページに載っているような参考価格では、本当の料金を知ることはできません。見積もりで提示された金額ならば、正確な数値なので、それぞれの業者を比較するときに役立ってくれます。業者によって、一万円や二万円の差がでることも珍しくないので、面倒だと考えず、数多くに見積もりを依頼しましょう。ちなみに、見積もりの金額がすべてではなく、あとから追加料金を要求してくる業者もあります。それでは、最初は格安だと感じても、最終的には高くなってしまうので、追加料金の有無は最初にしっかりと確認しておいたほうがよいです。

広告募集中